ナンパ初心者がネトナンからやるべき理由 ストナンは挫折ポイントが多くて危険な理由

ストリートナンパ

こんにちは。最初にストリートナンパから始めてかなり苦労を体験したタカオです(;´Д`)

私は今でこそネトナン・・・・いわゆるネットナンパですね。出会い系でナンパ活動をしていますけど、最初はストリートナンパをしていました。

というより、ストリートナンパ(ストナン)をガッツリやってなんですね。だからストリートに出る楽しい部分も、苦しい部分?もしっかりとわかります。

なんでストリートナンパをやってたかって言うと、そもそも私が20代前半くらいのときって出会い系とかって今みたいにスマホも無くてあまり普及してなかったのもありますしね。

だから選択肢が無かったんですよ。だからストナンしてただけで、今だったらまずネトナンしますね。

私はけっこう根性論的な人間なんで、けっこうイケメンでもないのに根性で声かけまくったんですよね。それこそゴミを見るような目で断られたり、暴言浴びせられることとかもよくありました。もうそういいったネガティブな断られ方とかが快感になるくらい頭がおかしくなるくらい声かけましたけどね。

でも、そのくらいストリートナンパをやった経験から言っても、ストナンってけっこうメンタルが強くないと挫折しやすいんですよね。ストナンはある意味、鉄のメンタルが無いと続けるのがけっこうきついです。

いきなりストリートに出ると、特に最初はきついことばっかりなんですよね。

「ガン無視される」

「ゴミを見るような目で見られる」

「ギャルにうるせえと言われる」

「普通に警察呼びますよと言われる」

とまあ、最初はこんなもんです。最初からうまくいく人もいますけど、それはイケメンだったり、最初からノリよく会話することができるリア充経験のある人だったりします。

私も非モテだったんでまあ最初はきつかったですね。でも当時は選択肢が無かったのでやるしかったんですよ。

でも今は「ネトナン」の選択肢があるので、迷わずナンパはネットナンパから入ります。その方がだって、効率がイイんですもん。

ストリートナンパ(路上ナンパ)とネットナンパ(ネトナン)のメリットデメリットを詳しく知りたい人はこの記事を参照にしてください。

参照記事:路上ナンパとネットナンパはどっちを先にやる? メリットデメリットを把握しよう

ストリートナンパから入るとイケメン以外は高確率で挫折する それは当然「結果がなかなか出ないから」ってこと

バック

ストリートナンパから入るとイケメン以外とかリア充以外は高確率で挫折するんでよ。結果が出ないと人間て

「やってもつまらねえな」

って思うようになって、結局辞めてしまいます。しかしナンパ辞めてしまうと非モテの人は一生女と縁が無い状況で生きていくことになります(;´Д`)

やっぱり、今はネットナンパがあるんですよね。出会い系でコツコツとメールを出していけば、ぶっちゃけて言うと誰でもある程度女とセックスできます。

もちろんネトナンでもやっていくうちにだんだんとコツを覚えてくるので、最初はメールを100通出して1人しか会えない人でも、50通で一人会える、30通で1人会えるとだんだんとメールのやりとりも上手くなってきます。

ネットナンパなら、声をかけていきなり「ウザい」とか言われることは無いですからね。ストリートだとけっこう普通にこれはあります。だからメンタルの弱い人がいきなりストリートに出て女に声をかけるってのは、かな理ハードルが高いです。高所恐怖症の人がバンジージャンプをやるくらいの覚悟が必要です。

それくらいの覚悟がある人ならけっこうストナンでもやっていけますけど、覚悟がないならストナンやるより

ネットナンパやって女とある程度セックス経験して結果を出してからストナンやったほうがいい

ですね。そのほうが挫折する可能性は圧倒的に低くなります。

ストリートナンパをやってると、たまにナンパのやり方を指導することがあります。ストナンでナンパ指導してもその中で生き残るのってけっこう、10人に1~2人くらいですね。

ストナンの現実の厳しさに直面してナンパ自体を辞めてしまう人が多いです。

これだと、せっかくナンパをしようと思って立ち上がったのに、ものすごくもったいないんですよね。やる気はあったわけですからね。

その点、ネットナンパだとやり方をある程度教えてやると、たいていの人は数か月で何人かの女とセックスするという結果を出します。

この「女とセックスする」っていう経験がとにかく大事です。

できれば、ストリートに出る前に最低でも10人の女とネットナンパでセックスしておいたほうがいいですね。そうすれば、女とどういったことを話せばいいかってのは体感済み

ですし、最低限の「女慣れ」した状態でストリートに出ることができますからね。私は以前職場の後輩に女慣れするために出会い系を勧めたこともあります。

参照記事:男子高出身の26歳の後輩が素人童貞で女慣れのためにに出会い系を勧めた結果

だから、とりあえず女とイチャイチャしたいとおもうならネットナンパやればいいんですよ。今時ではいくらでもネットナンパのノウハウは出回ってますし、

スマホ使う女が増えたおかげでけっこう出会い系とかでは入れ食い状態です。

ネットナンパならマジメな人なら淡々とメールを送り続けるので、ほとんどの人が結果を出せるんですよね。ストリートで最初に丸裸の状態でナンパ始めるより最初はハードルの低いネットナンパからやってくのが現代の王道と言えるでしょう。

ネットナンパならイケメンでなくても奇跡の写メを掲載して続ければ最低限の結果は出てくる だから続けることができるんですよね

ネットナンパならイケメンでなくても、

「とにかく奇跡の写メ」

を掲載してマメにメールすれば高確率でセフレを作っていくことができます。逆に言うと、男の場合は写メを掲載しないで出会い系とかをやってくのは非効率です。

奇跡の写メってのは最低でも100枚はスマホとかで自撮りしてみて、その中でとにかく

「イメ面風に見える」

写メを選んでいくことがメッチャ大事なんですよね。それと、ある程度の写真の加工はしたほうがいいです。

よくあるsnowで男が写メ加工するのはちょっとキモイですけど、出会い系を見るとわかるんですけど、ほとんどの女が写真加工してるでしょ?しかも女は化粧したうえに

写真加工してるでしょ?女がやってるんだから男もある程度の加工はしたほうがいいです。

と言ってもいかにも「加工しまくってます」みたいな写メだときついんで、写真がギリギリ自然に見える加工をしたほうがいいですね。私はよくLINEカメラのアプリを使います

けど、加工アプリを使って加工して出会い系に掲載しましょう。

「奇跡の写メを取る」→「写真加工アプリで違和感が無い程度に加工する」

ってのは絶対やったほうがいいです。

「そんな写真加工したら会ってから女から文句言われない?」

とか思うでしょうけど、出会い系とかで会って、実際、写メと完全に別人レベルじゃなければそこまで言われることもありません。というか言われないですよ。だって女のほうが絶対写真加工してますからね。だからお互い様です。

写メをイイのを掲載したら、あとは淡々とメールを送り続けるだけです。メールは深く考える必要はありません。常識的な

「こんにちは。○○と申します。よろしくお願いします。○○さんの顔(雰囲気)がめっちゃタイプです。プロフに○○って書いてあるけど、よく○○やったりするの?」

なんかの定型文と女のプロフについての軽い質問ですね。こういったメールをホント淡々と送ってけば嫌でも、当たりの女、セックスしやすい女ってのの当たります。それが出会い系ですね。

ストリートナンパっだと100人に声をかけるのは死ぬほどきついし時間もかかりますけど、ネトナンなら楽に短時間でアプローチできますからね。しかも出会い系に登録してる

女は多かれ少なかれ男との出会いを「求めてる」女です。ネトナンが効率がイイのはいうまでもありませんね。

ナンパをやるならいきなりストリートに出るよりもネトナンで女に慣れてからストリートに出るのが効率的 挫折を最小限にするのはリスク回避でとても大事です

おっぱい

ナンパを始めるにしてもいきなりストリートナンパをやるなら

「ある程度イケメンでリア充のノリがある人」

っていう自覚がある人以外は、ネットナンパから始めたほうがベターですね。

ナンパを始めるのって、

「女とセックスしたしたことが無い、もしくはセックス経験が少ない」

「セフレが欲しい」

「たくさんの女とイチャイチャしたい」

とかまあ男の欲望丸出しなんですけど、その欲望だけやってけるほとストリートナンパってぶっちゃけ甘いもんじゃありません。

夏は暑いし冬は寒いし・・・というか夏の暑さの中ストリートでナンパしてるのは本当のナンパ好きな人ですからね。ある意味「漢」と言ってもイイでしょう。

ナンパ初心者が夏場にストリートでナンパ仕様って思い経つんですけど、実際やってみると想像以上にきついってのがわかります。一度ストナンやってみるのも

いいですね。どれだけ女に声をかけるのが心理的負担があるのかがわかります。もちろんやってるうちに心理的な負担も少なくなってくるんですけど、そこまでたどり着くまでに

あまりのキツさにストなねお辞めてしまう人のほうが多いです。

逆にネットナンパは上述してたように、写メをある程度作り込んで、女のプロフに対する質問系のメールを淡々と送っていけっば高確率でメールが返ってきますし、LINE交換をして、実際会うこともできます。

出会い系はぶっちゃけていうとある程度の写メを用意して、あとはどれだけメールを送ったかによる「作業」が多い人が勝つゲームです。淡々とメールを送り続ける人だけが勝つと言ってもいいゲームなんですね。

ゲームなんで、LINE交換とかを渋る女はすぐに損切りして次の女にいくのが効率がいいわけです。

参照記事:出会い系でLINE交換を渋る女は即損切すべき理由 時間と金を無駄にしないために

それができればセフレを量産したりするのは割と難しくありません。最初の数か月は地道なメール作業やラインのやり取りが必要ですけど、半年も地道に出会い系をやれば嫌でも複数人のある程度自分好みのセフレができるわけです。

ネットナンパはあまり才能が必要ないってことですね。努力した人が報われるゲームです。ストリートナンパはある程度のセンスとルックスが最低限必要なので、ナンパ初心者はネトナンで女性経験を作ってから、ストリートに出るというのがベターなんですよね。

error:Content is protected !!